南房総の海が広がる安らぎの地 | 鴨川市光玉山多聞寺

  • 年間行事

     

    寒行がはじまりました。
    暖冬とは申せ、水行は身の引き締まる思いでお勤めさせて頂きました。
    寒い時期に行うからこそ、寒行で得られる功徳は甚大なものです。
    「寒水白粥凡骨まさにかれなんとす 理懺自悔聖胎おのずから生ず」
    日蓮宗大荒行堂の柱にかかっているものです。

    PM6:00より住職のみ水行をお勤めし、PM7:30より檀信徒皆様とともに読誦行を行いました。
    修行とは、まずは自分の心・行いを正し善業を積み、他者の安穏を祈ることです。
    「理懺自悔聖胎おのずから生ず」聖胎となるためには、「理懺」内面の懺悔であり、心の中にある欲といった煩悩を感じ懺悔し、仏様の力によって罪が消えることを知り、「自悔」水行・読経を修し、心身についた垢を洗い流すことにより、われわれの体は清く美しいものとなります。

    2月3日節分まで寒行を行います。節の変わり目本年一年が皆様にとって健やかな一年となりますよう、寒行参加者一同勤めてまいります。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry